July 22, 2005

スローカット


アサオです。

「忙」という字は心を亡くすと書くんだなー、
なんてしみじみ思う今日この頃。
自信に溢れてた若かりしあの頃は何処へ行ってしまったんだろう…
なんて悲嘆に暮れてみたり。

インドに行ったGWから早や3ヶ月。
丸坊主にした頭もさすがに汚らしく伸びてきた。
なんで均一に伸びないのだろうと考えたけど、
よく考えたら骨格の形がヘンだった。

髪型にはほんと無頓着な性格なんで、
散髪はいつも\1,000-のカット専門店。
仕事の後に行くからヒゲなんて剃ってもらう必要ないし、
床屋に置いてるシャンプーってなんか臭いから
帰宅後また髪の毛洗うし、って考えると
ふつうの床屋で\3,000-ちかく払うのってすごいムダなように思えて。
だからいつも通うのは「QBハウス」。
髪切ったあとはでっかい掃除機みたいなホースで吸い込んでくれる。

ムダをなくして低コスト化。

…でも、それってホントにムダ?

HPからリンクしてる写真家・イトウアキラさんは、
デジカメよりもフィルム派らしい。
デジタルなら撮ったその場でブログやHPで公開できるのに、
フィルムが現像から上がってくる時間や、現像されたポジフィルムを見る時間…
そのタイムラグが良いのだと彼は言う。

スローライフ。スローフード。スローカメラ。

ムダを楽しむ余裕が現代人には欠落している。
ムダと決めて手間やコストを捨ててるけど、
実は大事なものまで捨ててしまっている気がする。

そう思って先日は敢えてQBハウスに行かず、ふつうの床屋に行った。
「…らっしゃい。」
ヒゲ面の毛深くゴツイ腕の寡黙なおっちゃんの店。
会話もなく、黙々と私の髪を切っていく。
静かな店内に響くハサミの擦れる音。
断続的に低く響く空調。
ヒゲを剃る音なんてもうたまんない。
ジョリ…ジョリ…ジョリ… 
ハサミのせわしなく擦れる音とは全く趣を異にする、
永遠に続くかとさえ思われる間を残しながら剃り続ける。

そんな時間を楽しみながら、思考や気持ちを整理していく。
べつに故意に整理しようとしたわけじゃない。
なんだか、自然と落ち着いていった。

スローライフ。スローフード。スローカット。
時には立ち止まる勇気がぼくらには必要なんだ。

伸ばしたいと言うのを忘れてまたバリカンで刈られてしまったのは
敢えて言わない方向で。

(今日の写真:OSAKA HIGHWAY at 阿波座/大阪)

050722

scott_street63 at 01:17│Comments(4)TrackBack(0)日常 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きぬきぬ   July 22, 2005 13:45
4 どもっ。アサオさんお元気?
最近いろいろお世話さまで〜す。
この写真、いいですね。入り組んでて美しい。
2. Posted by アサオ   July 22, 2005 13:51
わぉ!ありがとーございます。
高速道路って好きなんですよ。
ピラミッドやスフィンクスと同じく、
これも立派な巨石建造物ですよね。
ちなみに撮影地は我が家から約200メートル。
きっと早死にします。
3. Posted by みわ   July 22, 2005 14:06
おひさしぶり
スローライフ、か。有休もろくにうまく使えないあたし。気が付いたら仕事に出向き、免許更新。明日歌うのに何やってんだろ。
もっと時間感じながら生きたいなぁ、と喫茶店でアイスオーレ。愛す俺、いや女だからあたしか。はぁ、疲れた
4. Posted by アサオ   July 25, 2005 01:26
>みわさん
お久しぶり!
なんかかなりお疲れモードやね。私が思うに、みわさんはきっと真面目過ぎるんとちゃうかな?どんなことにも全力でぶつかってる気がする…。もしも時間があったらor無理にでも時間を作って、思う存分ぼーっとしてみて。時間の無駄遣いもたまには大事やよ☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔