July 27, 2005

素材屋にて


アサオです。

ここ最近、しょっちゅう『素材屋』に行ってる。
在京時代によく見かけた居酒屋チェーン。
最近になって大阪にも進出してきた。
安い上に個室が充実してる。
2人からでも個室利用可。

仕事中に突然、大学時代の友人(♀)からメッセンジャーで質問された。
「幸せって何?」
その晩、彼女と待ち合わせて素材屋へ行ったのがきっかけ。
実は結婚を考えている相手がいるのだが、条件が合わないとか。
今では定例会のようにそこで会合を開いている。
その彼女に先日また質問された。
「結婚のイミって何?」

最近、私の周囲は私を含め第2次結婚ラッシュを迎えている。
まさしく雨後の筍の如く、ここでもか!と驚く日が続く。
大学時代の友人と会って話してる時なんて
気持ちは未だに二十歳そこそこだというのに、
そーかぁ、もうみんなオトナなんだなぁとしみじみ思ったり。
10代の頃は競ってオトナになりたがっていたというのに、
年齢的にはもう大人なんだという現実に直面すると
やたら危機感を覚えてしまう。

人はいつからオトナになるんだろう?
年齢的に大人というのではなく、精神的に、
あるいは人格としてオトナとみなされる境界線はどこにあるんだろう?
やはり現実との向き合い方、現実問題への対処の仕方だと思う。

最近、やたら醒めた子供が多い。
彼らはたぶん現実に屈してしまった大人たちを手本としている、
いわば猿マネに過ぎない。
でもそれはもしかすると、早くオトナになりたいと夢見る彼らなりの背伸びなのかもしれない。
私が10代の頃は喫煙や飲酒がオトナへの近道だと思っていた。
時代が違えば視点も違うというものか。

ふと、カルカッタで出会ったスペイン人とカレーを食いながら議論したのを思い出した。
愛こそ真実だと力説する彼に対して私が、
愛なんて夢だ。結婚は現実なんだ。日本人の多くはそう考えてる。
と言うと、彼は驚いていた。
そんな考えを初めて聞いたという感じだった。
店を出る時、彼は暗唱するように小声でぶつぶつと繰り返していた。
Love is a dream. Marriage is the real...
なんて醒めた考えなんだろう、と自分が嫌になった。

現実に屈するんじゃなく、
現実を打破する力を持ってこそオトナと呼ばれるべきじゃないか。
子供が夢見れるオトナになりたい。
それがコドモっぽいと言うのなら、
無理にオトナになることなんかない。

結婚も、無理にすることないんじゃない?

…文中、さりげなくアピールさせてもらいました。
ホント、さりげなく。

(今日の写真:生マリリン・モンロー at バンコク/タイ
       注:♂です。)

050727

scott_street63 at 14:12│Comments(2)TrackBack(0)日常 | インド

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みわ   August 03, 2005 02:24
うん、結婚は無理にしなくて良いんだろうね、ホンマは。
こないだ大好きなミュージシャンにおばさんが『結婚してるんですか?』と聞いてた。『結婚してますよ』と少しためらいながら答えてた。あたしは少し動揺した。なんとなく彼の視線を感じたから…。そのあと笑いながら『けど、結婚してますよ』と言った。
変な日本語。悲しくなった。もう逢わないほうが良いのかもと思った。
彼は無理して結婚したんじゃないと話してくれたが、一緒に生活して行くのが無理とも話してくれた。

結婚てなんやろね
2. Posted by アサオ   August 04, 2005 13:28
結婚の基本的な概念を考え直してみると、
「好きだから一緒にいたい。」
「シアセになりたい。」
に尽きると思います。
けっこう単純だと思いますよ。
年齢的に、あるいは社会的常識として結婚を迫らたり、
家の跡を継がなければならない等の事情が絡むと悩んでしまいますが。

みわさんのお相手はシアワセにしてくれる人ですか?一時的ではなく、半永久的に。
よーく考えてね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔