September 23, 2005

バス旅

アサオです。

3連休を利用して東京・横浜まで行ってきました。
東京で働いてた時代に出会った友だちや、
海外で知り合ったらたまたま東京出身だった友だちに会いに。
あるいは、
銀座アスター・アジュール竹芝店でレイボーブリッジを眺望する絶景と
繊細かつ味わい深い中華を堪能しに、
江ノ島の断崖絶壁に立つ料理屋で端から端まで続く水平線を
見下ろしながら名物・釜揚げしらす丼を味わいに、
横浜を見下ろす山手に建てられた英国風建築をリフォームして
営まれるティーサロンで素朴なスコーンと甘いミルクティーに癒されに、
行ってきました。

行きは空路で早朝から。
帰りは深夜バスで。
3連休フルに遊んで早朝帰阪して即出勤。
タイから深夜便で帰国したのとは微妙に異なるテンションに戸惑う。


帰りの深夜バスでふっと思い出した。

ラオスを周遊してタイに戻った私は、次に豪州のケアンズに行くことになっていた。
ケアンズってどこよ?
オーストラリアの北の方だってことは知ってる。
シドニーがメルボルンより北だってことも知ってる。
なんだ、つまりシドニーからバスでちょいと行けばケアンズじゃん。
そう思った私は、カオサンでシドニーまでの航空券を買った。
…大陸の大きさを身を持って知った。

シドニーからケアンズまで3泊4日(車中泊)の旅。

8月末、一年中真夏のタイから冬の南半球へ。
南と聞けば暖かいというイメージがどうしても払拭できなかった私は、
Tシャツ姿で冬のシドニー入り。
一気に風邪をひいた。
車内でガタガタと震え、鼻をかむためにトイレットペーパーが手離せなかった。

ビルの建ち並ぶ都市部を離れ、住宅街からも出ると、
バスは何にもない原っぱの真ん中を通る道路を走った。
たまに映画で観たような木造のドライブインがある。
中に入ると、やはり映画で観たような無愛想なおばちゃんが店員をやってる。
ハンバーガーを頼んだ。
でかい。
聞いてはいたが肉もバンズも全てがでかい。
もはやこれはファーストフードとは呼べない。
これが大陸なのか、と一人で納得。

行けども行けども道は続く。
実は何かの聞き間違いで、本当は今日ケアンズに着くんじゃないか、
なんて絶望的に儚い希望を夜が明ける度に抱いては、
それが無駄だったことを日が暮れる度に思い知ったものだった。


それに比べれば東京から大阪なんて朝メシ前よ。
そう思って乗った。

…20歳代と30歳との間にはとてつもなく深い溝があるらしい。。。

またひとつ勉強になりました。


(今日の写真:夕焼けの江ノ島 at 江ノ島/神奈川県)

050922

scott_street63 at 01:08│Comments(0)TrackBack(0)日常 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔