October 20, 2005

ナトリウムランプが落す黄色い光


寝苦しい夜が続く。
最近なぜだか眠れない。
布団の中で無為に時間を過ごすことにも疲れ、
スッキリしようと一人深夜のドライブとしけ込んだ。

静まり返った街中を行く宛てもなく闇雲に車を駆る。
車窓を過ぎ行く景色がまるで身体の中を通り抜けるように、
走る程に身体の中に籠もる暗雲が晴れていく。
風が身体の中を浄化していくような錯覚に陥る。

何処に行こうか?
今何処に行けば最もスッキリできるだろう?
悩んだ末、湾岸線の湾を見渡すサービスエリアを目指した。
巨大な足のように聳えるジャンクションから坂を上り、
夜空へと駆け上がる。
ナトリウムランプの黄色い照明が右へ左へと蛇行しながら
湾に沿って彼方へと消えていく。
橋の真下の暗い水面に幾つも落ちている黄色い光が
ガンガーに映るガートの灯火を髣髴させた。


朝9時25分きっかりにコルカタ・ハウラー駅を出発した列車は、
11時間走ってムガル・サライに到着した。
バラナシまであと1駅。
しかし列車は動き出す気配をまるで見せず、客たちはホームに降りて
身体を伸ばしたり顔を洗ったりし出した。
まぁいつものことか、とのんびり構えていたが、
どうもホームのアナウンスが騒がしい。
窓から身を乗り出して駅員らしい男に聞いてみた。
 「いつ出発するんだ?」
 「さぁな。バラナシとここの間で事故だ。」
あと1駅まで来てこれか。相変わらずツイてない。
バックパックを担いで列車を降りるとすぐオートリクシャーの運転手が寄って来た。
500ルピーでどうだ?高ぇよ。200だ。などと交渉し、300ルピーで手を打った。

駅前のナイトバザールで賑わう道をオートリクシャーで軽快に走る。
色鮮やかなサリーやパンジャビドレス、道端に座り込む牛、
真面目な面持ちで店番をする子供らの姿が目に飛び込んできては
後方へと過ぎ去っていく。
バザールを抜けて暗くなった所で突然リクシャーは停まった。
なんだかカネを払っている。
 「さっきのはナンだ?」
 「ギャングさ。」
時々ここで通行料を取っていると言う。素直に払えば何も問題は起こらない。
しばらく走ってまた停まった。
 「ちょっとここで待っててくれ。」
運転手はクルマを放っぽらかして走って行った。小用か?と思ってみていると、
暗闇の中にぽつんと浮かぶ小さな店を数人の男たちが囲んでいる中に入った。
近寄って見てみると、タバコのようなものを買って吸っている。
 「お前もヤるか?」
マリファナか何かだった。どっちにしたって煙草の吸えない私には関係がない。
エネルギーを充填した運転手は戻って来て再びアクセルをかけた。

暗い道を行く。
なんだか懐かしい匂いが漂って来る。
子供の頃、石油ストーブの天板にいたずらに爪や髪を乗せた時の匂い。
橋の下を暗い川が流れている。
向こう側の水面に黄色い明かりが幾つも並んで揺らめきながら映っている。
運転手がエンジン音に負けじと大声で私に向かって怒鳴った。
 「これがガンガーだ。」
これが旅の目的地、ガンガーか。
水面を凝視し、その神々しさに感動してみる。
拳を握り、「I got it !」と叫んでみる。
しかしどれも白々しかった。
ラオスで出会ったメコンほどの衝撃が私には感じられなかった。
長く憧れていたガンガーを目の当たりにして、私はようやく悟った。
私の旅はメコンですでに終わっていたのだ、と。


午前2時、サービスエリアに着いた。
海を見ようと2階の展望階に上がろうとしたが、
防犯のため階段は封鎖されていた。
こんな時間に自分は一体何をやっているんだろう?
1階の窓から少し見える暗い海が、なんだか空しかった。

(今日の写真:明暗 at 天保山/大阪)
051020

scott_street63 at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) | インド

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔