August 18, 2006

Nostalgic Journey


この盆休み、またルアンパバーンへ行ってきました。母を連れて。
母が一人でも行くと言い出したものの、やはり心配なので、
急遽たまったマイルを特典航空券に交換して。

ルアンパバーンは観光客が年々増加の一途を辿っているらしく、
雨後の筍のように其処此処で新しいゲストハウスやホテルが建てられている。
小さな街だから、観光客が現地人と同じぐらいいるんじゃないかと思わされるほど。
以前は無かったナイトマーケットも然り、
クレジットカードavailableな洒落たショップも然り。
夜になるとレストランから流れる音楽が騒々しく、
来年辺りはクラブハウスまで出現するんじゃないかと心配になる。

「何も無い」のが魅力だったラオス。
貧しい民が外貨を稼ぐ機会が増えたと考えれば嬉しくも思うが、
個人的な感傷としては、また一つ帰るべき場所を失った寂しさは否めない。

旅とは所詮、原風景への憧憬なのかもしれない。
自己の感情を昂ぶらせる未知なる何かを求めているつもりでも、
結局辿り着くのはいつか何処かで見た風景なのではないだろうか。
…私だけ?

幼少の頃より常に私の中に根付いている景色がある。
祖父母の住んでいた家から少し歩くと、見渡す限り田圃が拡がっていた。
正月や盆に親戚一同が祖父母宅に集まるのが慣わしだったが、
私は夕食の始まる時間まで一人で広い田圃の真ん中を散歩したものだった。
とりわけ正月の朝の田圃は、どんよりと雪雲の垂れ込む一面の空の下、
だだっ広い空間に誰一人通らず、
世界には自分一人しかいないのかと錯覚させるほど静寂に満たされていた。
その田圃を歩いていた時のことを思い出すと、甘く切ない気持ちに襲われる。
あの静かで穏やかな時間が私には何よりも幸福だった。

来年の正月にスペインに行きたいと妻から言われた。
某航空会社の特別レートで、通常50万円以上する運賃が、
一月一日からの出発だと8万円弱で往復できるのだ。
地中海に面する白く慎ましい町・ミハスで静かに時を過ごしたいという。
山肌に咲く白い小さな町。
教会の裏のミラドールから眺めるコスタ・デル・ソル。
地中海の上に拡がる青い空。
穏やかな気候のもと絶景を眺めながら、
町中のバルで買ってきた絞りたてのオレンジジュースとサンドウィッチで
遅いブランチ。

……いいかもしれない。
確かにそれもいいだろう。
それもいいと思う反面、私には全く逆の計画がある。

正月は中国四川省にある夏河(Xia He)に行きたい。
チベット族が8割を占める小さな街。
日本から北京あるいは広州で国内線に乗り換え蘭州へ。
蘭州からバスで約7時間。
冬の平均気温はマイナス8度。
写真で見る限りはどうやら盆地にできた町らしく、
周囲の山には樹木が生えておらず地肌が晒されている。
何があるのかと言えば、チベット仏教の寺が一つあるだけで、
他は大して何も無い。
しかし私は期待している。
雪雲が低く垂れ込む静寂がそこにはあるんじゃないかと。
寒さに堪えながら、何もない乾いた山肌を踏みしめたい。

ノスタルジーが産み出すものは何だろうか。
ノスタルジーとは、人を怠惰に後退させる甘い毒なんじゃないだろうか。

判ってる。
判ってるんです。
でも、正直ホント、心身ともに疲れてるんで、
甘んじる私を許してください。


(今日の写真:睨む竜 at ルアンパバーン/ラオス)

060818

scott_street63 at 23:57│Comments(9)TrackBack(0)  | ラオス

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みえごん   August 20, 2006 00:54
幼い頃から心に残ってる風景って、何十年たった今でも、
追い求めるもんですよね♪
きっとそこが自分にとって一番居心地いい場所なのかなぁ・・・?

一番近いはずのラオスが変わっていく様を実感してしまうと、
故郷をなくしてしまうような気持ち、わかるような気がする。

自分が一番自分らしく居られる場所をこれから探し求めていく旅も
悪くないかも・・・ね☆

心身ともに、かなりお疲れのご様子。
くれぐれも無理は禁物!ですよん ヽ(´・ω・`*)
2. Posted by アサオ   August 21, 2006 00:40
>みえごんさん

あたたかいコメントありがとう。
とはいえ、無理をしないと生き残れないビジネスの世界。
ビルの林立する都会のジャングルはもはや野生の王国並みです。

>自分が一番自分らしく居られる場所

ほんとにその通りですね。
いわゆる「理想郷」とよく言われているものが、
まさしくそんな場所なのかもしれません。

「理想郷」を求める旅路へ…!

とりあえず、家を出る準備しとこ。
3. Posted by みえごん   August 21, 2006 01:17
最後の一行、
『とりあえず家を出る準備・・・』
なんかドキッとしちゃった (´∀`;)

フットワークを軽くしておくことが大事なんですよね♪
4. Posted by ずしおー   August 21, 2006 01:40
なぜ僕らは将来に+より幸福な光景に出会えると思えないのでしょうね。

いつも幸福なのは過去の風景。

将来にはむしろ+さらなる凋落を確信している。

僕らはいまこのときも楽園から猛烈な勢いで遠ざかっている。

だから旅先で心ひかれる風景は+いつも+知っている風景に似ている。
それが実際に自分で体験して知ったものであろうとなかろうと+
とにかく僕らはそれを参照し+それと比べ+それとの遠近で甘美さを測る。
それは確かにそう。

だけどいつか+そうした甘美な過去に似ていながら+
これまで出会ったことのない+まったく新しい光景に出会える+
そんな奇跡を信じるということ。

かつてもっとも幸福な風景のなかを歩いていたそのときに+
そうと知らず渇望していた希望が+そこにすべて実現されてしまっているのに
出し抜けに気づく+そんな光景に出会う奇跡。

旅をやめてしまえば+その奇跡は永遠に僕らに閉ざされてしまう。
5. Posted by アサオ   August 21, 2006 20:49
>みえごんさん

あんがい冗談じゃないかもよ…?
いつかほんとに奥さんから追い出されそーで…(笑)
6. Posted by アサオ   August 21, 2006 20:51
>ずしおーさん

人は世界の全てを、それまでに得てきた経験・知識内で解決できると考えます。
知識を得れば得る程にその傾向はさらに強くなり、
理解できない、あるいは想定外な物事はすなわち間違いだとみなす。
そして言うのです、「昔は良かった」と。
傲慢・不遜は人間の専売特許ですね。

昔は良かったと懐かしむ前に、なぜ新しい世界を創生することに粉骨砕身しなかったのか。
享受することが当然だと考える怠慢極まりない性質。

とか言いながら、荒野へと導く羊飼いの出現を待つ私も、
やっぱり怠惰な人間なんだと自覚する次第です。
7. Posted by ずしおー   August 22, 2006 00:05
そう、「新しい世界を創世する」こと。
「奇跡」というのも、いわば革命の時です。
ただ、僕らが「羊飼い」に飼われることを望みつづけるなら、それは「カラマーゾフ」の大審問官の理屈になってしまい、僕らは永久に奴隷です。
僕ら自身が奴隷なら、僕らもまた自分の奴隷を「飼う」ことでしょう。
そしてそれはまさに現状の表現です。
僕は「飼われる」ことよりも「飼う」ことの方が罪だと感じます。現に僕らがいま第三世界の人々にしているような。
僕らはそうと知らず、遠隔地に奴隷を飼っているわけです。
そうした現状を僕らは抜け出せないのでしょうか。
そんな奇跡は起こり得ないのでしょうか。
僕もまた、アサオさんのおっしゃる怠惰な1人ではあるのですが。
8. Posted by ずしおー   August 22, 2006 00:13
おっとサーバーのエラーメッセージに騙されてダブってしまいました。お手数ですが削除をお願いします。
9. Posted by アサオ   August 22, 2006 01:35
もー、ずしおったらお茶目なんだから。
ケータイからでは消せないので、明日会社のPCから消しときます。
てゆーか、早く自宅にマイインターネットを引きたい!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔