October 07, 2006

from Waikiki.


アサオです。
どーいうわけか今ハワイに来てます。妻のお供で。
オーシャンフロントの9階の部屋でコバルトブルーな水平線が一望。
なんというか、ラオスだのミャンマーだの行ってると、
いざこんなベタなところに来てみると、目が点になってしまう。
ポリネシアンや日系ハワイ人の流暢な日本語を聞いていると、
タイのパッポンで「ロレックス安イヨ。」とかのアヤシイ日本語が懐かしくなる。

最近、年齢のせいか、自国の良さをいろいろと実感しつつある。
なんだかんだ言っても自分は日本人であって日本が好きなんだと思うことが多い。
だから今回のように不本意に日本を離れるとなると、無性に日本食が恋しくなり、
ボーディングの直前に天婦羅うどんを食べた。
大して美味くもない筈なのに、この時ばかりはやたら美味く感じ、
一口々々を噛み締めながら味わった。
汁も飲み干してどんぶり鉢をテーブルに置くと、もう死んでも悔いは無いとさえ思えた。

咀嚼と嚥下には人としての歓びがある。

5年前、約一年間の再入院生活の末、祖父が他界した。
他界する前日、家族や親族が数人集まって病院へ見舞った。
さて昼食をという段になり、祖父と付き添いの祖母を病室に残して立ち上がったところ、
ずっと点滴だけで栄養摂取してきた祖父が、おれも連れて行け、と言い出した。
皆と一緒にいたいのかと思って車椅子に乗せて食堂まで連れて行くと、
驚いたことにホットケーキを注文した。
しかも2枚出されたうちの1枚を食べきった。
皆が驚いて祖父の食べる姿に目を見張った。
その夜、祖父は他界した。

今年の夏には祖母が他界した。
台所のテーブルの下に寝転がっているところを、死後2日目に発見された。
どうやら心臓発作を起こし、椅子からずるずると崩れ落ちたようだった。
しかし彼女の顔には苦しんだ様子がまるで無く、あっさりと心臓が停まったのだと窺えた。
彼女が最後に食べたのはコーヒーゼリーだった。
台所のテーブルには食べ終えられたコーヒーゼリーの空のカップとスプーンがあった。
二人は幸福の内にこの世を去ることが出来ただろうか。

そう言えば記憶を辿ると、祖父の父は他界する直前に西瓜を所望し、
祖父が心斎橋の果物屋を走り回ったという話を聞かされたことがある。
もし私なら、死を前にして所望するのはフレンチトーストに違いない。
などと思っていたが、今回ハワイに行く際にやたら所望したのは天婦羅うどんだった。
人の味覚は体調や精神状態に著しく左右されるということか。

今回のハワイ旅行に際して、妻はインターネットを駆使して様々な情報を収集した。
妻にとっては3度目のハワイとなるが、とりわけグルメ情報には余念がなく、
実際に旅行した人による最新のクチコミ情報を集めてプリントアウトして持って来た。
それによると、朝食には卵料理とパンケーキが美味い「Eggs'n Things」が
かなり高く評価されていた。
待つだけの価値がある!と言う。
とは言え1時間も待つのはさすがにダルいので、朝6時に起床して7時にはホテルを出た。
朝まだきカラカウア通りをふたり連れ立って北上する。
陽はまだ高くなく、爽やかな気候の下ジョギングに興じる人も多い。
聞いてはいたが、日中は陽射しが熱く感じるものの、気候じたいが暑いと感じることはない。
30℃あるらしいが、とてもそうは思えないほど、空気がサラサラとして心地よい。
そんなハワイの爽やかな朝を楽しみながら店に着くと、いるわいるわ日本人の群れ。
日本人が店の外のベンチに座っている。
店の中では豚小屋のように狭苦しく詰め込まれて食べている。
15分ほど待って私らの順番が回って来た。
みんな美味しそうにオムレツやパンケーキ、ホイップを死ぬほど盛りつけたワッフルを食べている。
妻はパンケーキ3枚とスクランブルエッグのセット、私はフレンチトーストを注文した。
黙って味わうこと数分。

……そんなに美味いか?

人の味覚は体調や精神状態に著しく左右されるということか。
美味しいと紹介された店に来たから、いま私が食べているものは美味しいのだ、
とでも思っているとしか考えられない。
日本人のクチコミ情報なんてアテにならない。

(今日の写真:ラブリーにゃんこ at ワイキキ/ハワイ)

061010

scott_street63 at 23:05│Comments(11)TrackBack(0)  | アメリカ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みえごん   October 09, 2006 01:30
今回のテーマは『食』ですね☆

アサオさんが日本食を求める気持ち、よ〜くわかる!!!
わたしも過去何回か海外に行ったけど、やっぱり日本食が一番と実感。もちろん、生まれてからずっと日本食だったからに違いないんだけど、わたしの場合『みそ汁』と(日本製の)『牛乳』でした(´∀`;)

帰国したら出汁や心斎橋のあの『フレンチトースト』をぜひ堪能してくださいまし♪

アサオさんの祖父母さんの話、ちょっぴり切なくなったなぁ。。。
わたしも『今日死ぬ』ってわかってたら、きっと大好きなヴィタメールのチョコを鼻血出るまで食べるんやろな〜・・・。
真実は誰にもわからないけど、家族だから、祖父母さんはきっと幸せな気持ちで亡くなったと思いたいし、そうであってほしいと願いますよね。

とりあえず、ハワイ満喫して帰ってきてください♪
2. Posted by アサオ   October 10, 2006 19:40
>みえごんさん

まいどコメントありがとー。
おかげさまでハワイ満喫!して、きた…かな、、、たぶん。。しんどかったっす。

祖父と祖母はシアワセだったと思います。
人は生きてる限り必ず死ぬわけですし、死があるからこそ生に価値があるわけですし。
だから切ないなんて思わなくていいですよ♪

それにしても、ヴィタメールのチョコがそんなにお好きだったんですか。
もしも万が一みえごんさんにそんな日が来たときには、ヴィタメール段ボール単位で持って行きますね!
3. Posted by みえごん   October 11, 2006 23:59
ヴィタメールチョコを段ボール単位。。。
天国(行けるか??)で毎日ひとつずつ堪能してそう♪
よろしくおねがいしま〜すd(ゝ∀・)
4. Posted by アサオ   October 12, 2006 11:46
>みえごんさん
喜ばれすぎて一気に生き返るかも…(笑
5. Posted by ふわふわさん   October 31, 2006 22:23
前にね、好奇心で、小学生の男の子に、死ぬってわかってたら最後に何食べたいって訊いたら(いわゆる「最後の晩餐」)、彼、笑って、「そんなの胸がいっぱいで食べられないじゃない!」って。ごもっとも。
6. Posted by アサオ   November 01, 2006 03:35
うまい!
その小学生に座布団2枚!そんな回答を返せるなんて、すごすぎですよ、ほんと。
それだけ生死と遠い生活をしているということでしょうか。
この年齢になると、人の死も日常のように感じますよね。
…そんなことない?
7. Posted by ふわふわさん   November 04, 2006 02:46
死を身近に…っていうのはやっぱりインドを経たアサオさんの実感だったりするのじゃないですか。…そんなことない?
8. Posted by アサオ   November 05, 2006 17:47
インドはあまり関係ないかも。
ほら、自営業で商社なんてやってると他の企業の社長・部長など年配の方と接する機会も多くなるんですが、一時期立て続けに癌や自殺などで他界されたので、慣れたのかも。
でも実際のところ、死って自然現象じゃない?
苦痛から解放されたという意味では、むしろ喜ばしく思います。
9. Posted by ふわふわさん   November 06, 2006 01:21
いっとき本当に電車がよく止まりましたね。小泉政権の為政者たちがどれだけのおっちゃんたちを死に追いやったかわからない。


死というのは確かに苦痛からの解放という側面をもっているでしょうし、キリスト教なら神に召されてよかったね、仏教でもブッダは解脱=輪廻からの解放、いわば完全に死ぬことを目指したわけですよね。死に積極的な価値を与えている。


ただ、その死が人生最大の苦痛のイベントであるケースも多いですよね。死に至る病に苦しんで苦しんで、こんなに苦しいなら早く死にたいとか、こうなると何がなんだか。


それから、仕事の中絶という意味合いが死には強い気がして、たとえば、ドストエフスキーの「カラマーゾフ」の後編、いらんことにぶちギレて死んじゃわないで、書いていただきたかったなあ。
10. Posted by アサオ   November 08, 2006 00:31
あぁー自殺はいかんです、自殺は。当人の苦痛を理解せずに軽々しく語るわけにはいきませんが、与えられた生命はちゃんと全うしないとガンガーのほとりで荼毘に付してもらえません。そのまま流されるなんて生ゴミ扱いもいいとこです。
素朴な疑問なので聞き流してもらって構わないんですが、ぼくには宗教を持たない人の方が不思議でなりません。いずれ必ず死ぬと判っててなお生きようとするなんて、正気の沙汰に思えませんです。
11. Posted by ふわふわさん   November 08, 2006 13:57
そう、そうかもしれません。
ただ、宗教の概念を個別の宗教、宗派から拡げる必要があると思います。
宗派なき宗教、信仰なき信というものがあるはずです。もっと極端に、その人だけの神というものがあるはずです。
神を求めるというのは人間の本質に根ざした事柄でしょうから、かつて社会主義国家がしたように簡単に宗教の問題を片付けられると考えるのは間違いで、誰も自分ではそうと知らなくても信仰をもっているものですよね。個別の宗教の信者であるからといってその人の信仰の方が水準が高いという話でもない。
「赦し」は宗教に固有の概念であるとデリダが言っているのをどこかで読んだけれど、そういう意味ではますます宗教について考えなければならない時代に来ているのだと感じています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔