September 23, 2009

Incredible India.


人、人、人…
車、車、自転車、時に牛…
頭頂を刺す様に照り付ける太陽の下で無機物と有機物が衝突を繰り返す。
舞い上がる砂煙や排気ガスに喉が痛む。
ニューデリー駅へ向かう一本道のバザールでは度々人とぶつかり、
その度に汗に濡れた腕の感触を覚えて不快な気持ちに襲われた。

明後日のアーグラー行きの乗車券を求めてニューデリー駅に入ると
駅のスタッフだと語る男が話し掛けて来た。
 「チケットは持ってるのか?」
 「持っていない。買いに来たんだ。」
 「今日の鉄道か?」
 「いや、明後日だ。」
すると男は当日券売り場ではなく予約券売り場へと私らを案内した。
が、窓口は全て閉ざされていた。
 「もう今日の営業は終了した。今から紹介する旅行会社なら席を予め抑えているからそこへ行くと良い。」
と言うと私の手首を掴んで外へ引っ張って行き、オートリクシャーを呼んだ。
 「最寄りの旅行会社まで10ルピーで行ける。ふつう外国人だと多くを請求するが、オレの顔があるから大丈夫だ。」
そう言ってリクシャーの運転手と話そうとする彼の肩を私は叩いた。
 「悪いけどアンタの言うことは信用できない。また明日来ることにする。」
 「明日はムスリムのお祭りだから駅は休業だ。」
鉄道は休みなく動くのに駅が休むなんて事がある筈がない。
 「何故アンタは駅員の制服を着ていないんだ?」
 「今日は日曜だからいいんだ。」
そんな駅員は見たことがない。
 「オレは嘘をついてない。なんだったら他の誰かに聞いてくれたって構わない。明日が休みなんて事は皆知っている。」
必死にそう言って通りすがりの誰かを呼び止める彼を無視し、急ぎ足で駅の外へと向かう。
しつこく追い掛けて来た彼は私の腕を掴んだ。
彼の掌から伝わる妙に熱い体温に不快感もピークに達した。
 「おれに触るな!」
一喝して手を振り解いて外へ出、疲労と不快感を顔に現した妻の背を押し駅前の車道を渡った。
もう一度駅へ行くべきか、それとも旅行会社を通した方がいいのかと思案していると、恰幅の良い紳士然とした男が話し掛けて来た。
 「鉄道の切符がほしいのか?」
 「そうだ。」
 「良い旅行会社を紹介しよう。ここからリクシャーで10ルピーで行ける。」

地球は度重なる衝突の末にあるべき姿へと生み出されたと言うが、
ここインドでは、何度衝突を繰り返そうとも永遠にカオスなのに違いない。

scott_street63 at 02:20│Comments(2)TrackBack(0) | インド

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ずしおー   September 24, 2009 04:03
日本のしがらみを振り払って行ったところに日本人のコメントなんて読みたくもないだろうけど、ハロー、ぼくだよ。
だって、とてもいい文章さ。オリが落ちてというか、物と直接向かい合ってるような。
それだけでもう、旅の幸運とか、無事の帰国とか、それはさておき、頼まれもしないのにあなたの旅を全面肯定、よろこび、祝福したい。
2. Posted by アサオ   September 27, 2009 02:08
コメントを読みたくないだなんてとんでもない!
これを読んだのはまだデリーのホテルで、久しぶりのお声に胸が震えました。
もう早く帰国したい一心で。
最近色々と道に迷ってる妻にとって初インドがどう映ったのか、近いうちにぼくら夫婦の間に何らかの変化が起こるようです。
詳しくはまたリアルで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔