April 30, 2011

Busy for Life.


人は何故こうも生きるのに必死なのだろうか。

キリストは言った、人はパンのみにて生くるに非ずと。
人には2種類の生命がある。
一つは肉体のそれであり、もう一つは霊(精神、自我)である。
肉体が死ねばどちらも亡くなろうが、自我を殺して生き永らえる肉体に何の意味があろうか。

ガンジーは言った、明日死ぬように生き、永遠に生きるように学べと。
生無くして死は無く、死無くして生もまた無い。
生と死は表裏一体を成し、対義語であると同時に同義語である。
死を意識しながら生きるなら、その生は輝きを増すに違いない。
必死の宿命を知ろうとも、決して生を諦めてはならない。

トルストイは言った、生の目的は幸福の獲得であると。
しかし同時に、己我の幸福を追求する限り人は決して幸福にはなれない。
他者の幸福の為に生きてこそ人は真に幸福を得る、即ち隣人愛をその著『人生論』で説いた。
この生のパラドックス。
然しそれは真実に違いないと判っていながら諦めきれない私は、やはり未熟者に違いない。


2011年4月29日、私は再びウルムチの地を踏んだ。
明日カシュガルへ飛び、クンジュラブ峠を越えてパキスタン・フンザを目指す。

昨日、父方の祖母が特別養護老人施設から病院に移った。
大病を患ったことのない祖母だが、98歳ともなると流石に肉体が限界に達したのか、先週から殆ど物を食べなくなった。
施設が勧める病院で検査したところ、医師は多臓器不全および心肥大と診断し、いつその時が来てもおかしくないと所見を語った。
危篤状態にありながら彼女の意識は明確であり、質問すれば回答する。
静かに老衰を待つ祖母を置いて旅に出る私を愚か者と言わず何と言おう。


カミユ著『異邦人』で、主人公ムルソーは母の死を電報で知ったその日、海水浴へ出かけ、映画を観て笑い転げた。
裁かれるなら甘んじて裁かれよう。
大衆の嘲笑に晒されながら絞首台へと向かうことを夢見るムルソーの気持ちは解らないでもない。

死に行く者の為に生きている余裕は無い。
こうして書いている毎分毎秒、私もまた死へ向かっている。
生きるとは即ち死に行くことなのだ。
私は今を生きるのに忙しい。

裁かれるなら甘んじて裁かれよう。
大衆の嘲笑に晒されながら、いざ絞首台へ。


scott_street63 at 02:22│Comments(0)TrackBack(0)日常 | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔